督促の電話が鳴り、督促状が届いて

私が初めて借金をしたのは、結婚して5年目。24歳の時です。
主人の職が安定せず、私も仕事をしていましたが収入が足りなかったので止む無く借金をしました。
その時使っていた地元の銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体型になっているカードを使って、買い物をし始めました。
しかしすぐに20万の限度額に達してしまい、今度は別のCMでもお馴染みな有名なクレジットカードを作りました。
審査が甘いのか、すぐに作ることが出来ました。
クレジット払いをしていましたが、手元に現金もないと困ることもありキャッシングもし始めました。
2社合わせてクレジット40万、キャッシュ20万。
リボ払いにしてMAXまで使い果たしました。
当たり前ですが、払うお金もないのに借りていたせいで返せないことが多々ありました。
しかも、リボ払いにしていた為返しても返しても利息が増え、もはや借金を返しているのか利息を払っているのかわからなくなりました。
期日までに払えないので、携帯には日々督促の電話が鳴り、ポストを開ければ督促状が届いていました。私はそれをほとんど無視していました。
ある日ポストの中に見慣れない封筒が入っていた為確認すると、重要書類と真っ赤な印鑑が押され滞納している銀行の名前が書いてありました。
やばいところまで来てしまったと確信し、意を決して封筒を開けると便箋ですぐに連絡をするようにとのこと。
言われた通りにすぐさま書いてあった電話番号に電話をしたところ、借入していた銀行が債務のプロに委託したとのことで、そこに連絡をするように言われました。
恐る恐る電話をしてみると、確実に返せるのは月いくらかと聞かれ、月1万だったのですが5千円なら…と答えました。
すると、なら5千円ずつ必ず返すようにと言われ、これが最後だと言う事、もし返せなくなった時には全て一括払いで返済させるとの事、法的措置をとるとの事などを話されました。
それから何年も経ちました。
去年1社返済完了し、今年ようやく2社目も完済します。
自業自得ですが、とても怖かったですし日々お金の事が頭にあり、携帯もポストも怖くて見られないような精神状態で、死にたいとさえ思ったこともありました。
安易な考えでクレジットカード、キャッシングをしてしまったことを今でもとても後悔しています。
もう二度と返せない借金はしないと心に誓っています。