消費者金融からお金を借りよう

私が消費者金融からお金を借りようと思ったのは車で事故をした時のことです。
当時、人身保険には加入していましたが車両保険には加入しておらず事故はしないだろうと甘い考えでした。
単独事故をしてしまい車は廃車、新しく車を買うとなっても額が大きい為一括払いするほど貯蓄もなく家族に借りようかと思ったのですが中々言い出すこともできず悩んでいた時、たまたまテレビを見ていたら消費者金融のCMを見て借り入れをしました。
30万円を借り入れしすぐに返済するつもりだったのですが給料もそんなになかったのでなかなか返済できず苦労しました。
利息が18%だったので、毎月1万円ずつ返済していたのですが、急な入り用などがあった為、何ヵ月かは利息だけの返済が続いた時もありました。
返済が残り10万円になった時、友人の結婚式など大きな出費が重なりもう10万円借り入れをしてしまいました。
それからも毎月1万円を返済していたのですが車検などもあり返済にかなり時間がかかってしまいました。
借り入れをする前は、お金がいるから仕方ないすぐ返すからいいかなと甘い考えだったのですがいざ借りてみるといろいろ節約して返済していかないといけないので本当に苦労しました。
計画的にしないといけないなと思いました。

30代前半の頃の話です。
2回連続(一度つかまって一ヵ月も経たないうちに)で酒気帯び運転でつかまり、2件で14万ちかくの罰則金を払わなければならない状態に陥り、当時会社の給料も安く貯金もいっさい無かったものですから、困りに困り悩みに悩んだ末に消費者金融から借りることを決意しました。
免許停止で車も使えなかったものですから最寄りの消費者金融会社まで電車で行き、1時間くらい歩いてたどり着きました。
そこには無人の個室で審査をする設備があって、迷うことなくその部屋に入りました。
無人といっても壁の一つ向うには審査する従業員がいるわけで、なんとなくドキドキしていました。
個室の中に入ってしばらくすると天井のスピーカーから声が発せられ、指示どおりに書類を書いたり印鑑を押したりして結構時間がかかったのですが、最終的に審査に合格しさっそく借りられるとのことだったので、15万円を設置されているATMから引き出しました。
そのお金で裁判所まで行き罰則金を無事払い終わったんですが、なにしろ金利がものすごく高いものですから、早く返さなきゃと爪に火をともすように節約に節約を重ね、四か月くらいで返済し終わりました。
それからは二度と借りたりすることはありませんでした。